読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kagamihogeの日記

kagamihogeの日記です。

プログラマのためのSQL 第2版

達人に学ぶ SQL徹底指南書 - kagamihogeのblog(以下、ミック氏の本)の参考文献で、多少経験のあるエンジニア向けのSQLの教科書としてはまずこの一冊とオススメされていたので買ってきた。さすが太鼓判をおされるだけのことはあり、SQLとはどういうものでどういう使い方が出来るのかが隈なく書かれている。一読したあとは実際にSQLを使うとき、そのSQLが持つ意味や本来の使い方に立ち戻ることが必要になったらこの本の該当箇所を参照するという読み方が適切だと思われる。

良く出来た本であることに疑いはないのだが、しかし率直に言ってカンタンに読める本ではない。これは単に俺がSQLの経験値が低いというだけのなんだが、ミック氏の本を先に読んでいなかったら読めなかったと思う。例えば、自己結合やEXISTSのテクニックを使用したSQLがサラリとしかも頻繁に登場するのだが、それらが解説される章の前に登場する。自己結合はSQLの性質を説明する上で重要な役割を持ち、かつ、手っ取り早いのでこうなっていることは理解できる。が、理解できるのはソレナリにSQLを理解してからでないといけないという。

実際のところ、俺はこの本を読み進める上でミック氏の本とは行ったり来たりしながらだった。そういう意味では、この本が教科書、ミック氏の本が参考書か副読本という位置づけになっていた。読み進める順序も結果的には妥当なものになっていたと思う。

このエントリだと「ちょっとクセのある本」という印象を受けるかもしれないけれど、SQLを網羅的に学ぶにはとても良い本でした。

プログラマのためのSQL 第2版

プログラマのためのSQL 第2版