読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kagamihogeの日記

kagamihogeの日記です。

アトラス作品ファン交流会の眼鏡祭第24回(2016/04/16)に行ってきた

4/16 幻影眼鏡祭24♯FE - TwiPla に行ってきました。これはそのレポートになります。当日の様子はtwitterハッシュタグ#眼鏡祭0416から追うことが出来ます。

眼鏡祭とは

眼鏡祭はペルソナを中心したアトラス作品ファンのオフ会で、今回で24回目となりました。参加者数は200人超で、会場はキリストンカフェ 東京を貸切っての開催です。元々はペルソナ4のオフ会から出発したためにその頃からの参加者が多く、年齢層は30代以上がボリュームゾーンとなっています。ただし、ペルソナ4のアニメやペルソナ3の映画から入ってきた20台前半や、その他のアトラス作品から眼鏡祭を知って初めて来た方も毎回一定数存在します。今回もおおよそ2~3割の参加者が初回ないし二回目のため、大規模ながらもフレッシュな感覚のあるオフ会となっています。

眼鏡祭の特徴

眼鏡祭の特徴は、なんといってもコスプレな可能なオフ会な点でしょう。

上記は毎回恒例の全体集合写真です。参加者のうち、おおむね7~8割がコスプレをしているためこの写真のインパクトは相当なものがあります。

コスプレの作品・キャラ傾向ですが、やはりペルソナ3・4が中核を成しているのですが、今回はかなりバラけた印象があります。千枝が何故だか大量に居たり、根強いファンのいるペルソナ2 罪・罰のキャラが闊歩してるかと思えば、デビルサバイバー勢が一団を築いており、キャサリンの危険な大人の香り漂うグループが歩いていたり、アトラス作品ファンにはホットな真・女神転生IV FINAL(ファイナル)のキャラがいたり、人ならざる悪魔・ペルソナが徘徊していたり。眺めているだけでも圧倒される空間でした。

コスプレについて

眼鏡祭のコスプレの位置づけは、あくまでもコミュニケーションのツールの一つに過ぎません。ガチのレイヤーであれば技術の粋を結集した衣装を準備したりもしますが、そうでない人はそうでないなりの工夫を楽しんでいます。コスプレで話題作りというか、そのコスプレをしているということはそのキャラや登場作品に何らかの思い入れがあることの表れなので、自分も同じ考えであれば会話の切欠になります。コスプレは話しかける切欠がそのまま歩いているようなものです。もちろん、コスプレをして昼間から酒飲んで高まるのがただひたすらに楽しい、という要因もあります。

なお、眼鏡祭はコスプレが可能なオフ会であってコスプレイベントではありません。そのため参加者に課されるルールとして、写真撮影の際には必ず了承を取ること、また、その写真をtwitterなどSNSにアップする際にも了承を取ること、が設けられています。眼鏡祭でしかコスプレしない人もかなりの数で存在します。とはいえルールといっても大人の良識に収まるものなのでそこまで肩肘張るものでもありません。

ビギナー向け配慮

眼鏡祭は200人超の大規模オフ会のため、初心者向け配慮がかなり成されています。

参加者は上記のような名札をぶら下げるのですが、熟練度別に色分けがされています。何か困ったときにスタッフを見分けやすいためは当然として、赤色のビギナーには青色のスタッフや黒色の常連が積極的に話しかけたりなどをやりやすくしています。

参加者が会場に来ると、まず事前に振り分けられたコミュニティ別のテーブルに向かいます。

f:id:kagamihoge:20160424164833j:plain

このコミュニティはおおむね7~8人で、内訳はスタッフが1ないし2名、常連が4~5人、ビギナーが3~4人ぐらいのイメージです。ここのテーブルで仲良くなった人がいたらそのままそこに居てもいいし、乾杯後の自由時間に積極的に動き回っても大丈夫です。

会話のツールとして毎回色々な趣向が凝らされたツールが用意されるのですが、その一つがこのゲーマー履歴書です。私は当初こんなもん細かく書いていられるかと疑問視していましたが、意外にもみんな思い思いに書き込んで楽しんでおり、そして互いに見せ合って盛り上がっていたので、かなり成功を収めていました。やっぱり皆ゲームマンガアニメのこと話したり聞いたりしたいんですよね。

毎回恒例で配布されるノベルティのカードやポストカードも気合が入っています。これは各々3枚しか配られないので、目当てのカードが欲しければ、同コミュニティや会場を歩き回って交換なり何なりをするしかありません。

会場の様子

f:id:kagamihoge:20160424165203j:plain

眼鏡祭は特にコレといって決まったコンテンツはありません。乾杯が終わったあとは完全な自由行動です。先に書いたとおり、初期配置のコミュニティのテーブルに居てもいいし、推しキャラをファインダーに収めるべくウロウロしまくっても構わないし、DJの流す音楽に身を委ねていても良いです。

f:id:kagamihoge:20160424165311j:plain

スタッフがマイクで作品別・キャラ別など何らかのテーマ性のコスプレの集合写真を撮ります、という呼びかけも参加者の要望ベースで行われていました。会場のキャパシティは200人を超えても問題無いのですが、全員が立って歩き回れるほどのスペースはありません。そのため、同一作品のキャラクターをしている者同士で集合するのも一苦労です。そのため、その手間をスタッフが肩代わりしているのは良い仕事と言えるでしょう。コスプレをコスプレしてる人が撮りまくる光景は中々にコミカルです。

実際どうよ

先にも少し書きましたが、ゲーム・マンガ・アニメなどオタク話をしたいものなんですよね。その中でも更にアトラスゲーとなると、より偏屈度が増すというか、話が通じる可能性が下がります。そこで眼鏡祭はというと、少なくとも大体皆ペルソナ3・4は知っているし、他のアトラス作品もかなりの確率で知っている人が多いし、少なくとも話題に上げて変な顔する人はいません。

真4fのすれ違い通信が一瞬で32人行くような場所はそうは無いでしょう。

スタッフのがんばり

眼鏡祭の運営は基本的にボランティアベースです。会場や飲食はキリストンカフェのものですが、イベント会社を使っているとかそういうわけではありません。イラストや名札などの準備、告知や宣伝、会場のテーブル移動や元に戻す作業、受付と金銭管理、会場進行やアナウンス、男女別更衣室の管理、各コミュニティのスタッフなどなど。これ以外にも人知れぬ苦労が随所にあることでしょう。

この辺りは素直に感謝するしかありません。主催のマソーさん、スタッフの皆さん、今回の参加者に私と会話してくれた方々、それとこの日記で眼鏡祭のことを伝えるにはこのツイートが良かろうと特に承諾を得ず引用させて頂いた一連のツイート。今回も非常に楽しいイベントでした。

次回の眼鏡祭とその他のイベント

次回の眼鏡祭は7/2です。参加登録はこちら -> 7/2 アトラスとかペルソナが好きな人が集まる眼鏡祭25 Final - TwiPla

なお、眼鏡祭はやたらに人が多いのでここだけで知り合いや友達を作るのはオカン級でないと難しいものがあります。そういうわけで、眼鏡祭の人間が多く集まり、かつ、眼鏡祭本体よりかは人数が少ないイベントに繋げていくことを、主催のマソーさんもオススメしています。

上のツイートで眼鏡祭の主催でもあるマソーさんが紹介しているのは、終わっちゃいましたが4/23 眼鏡祭おかわり会!という最初から私服で眼鏡祭を肴に盛り上がる飲み会、ジュヴナイルの雄4/30 東京魔人学園を語る会in東京ゲーム音楽DJイベント「スーパーギルガメッシュナイト 5/10、ゲーム好きが集まる5/14 ゲーマーズギルドリターナー会、といったところです。

他にも千枝会だとか平成会だとかガンプラ会だとか、眼鏡祭でコスプレ興味持ったけど何していいか分からん人向けに【5/29眼鏡勢で!】コスプレしてみよう! - TwiPlaが立ったりとか、まぁなんというか……色々です。個人ですべてのイベントを追跡出来るものでもないし、するもんでもないですが、自分と相性良さそうなイベントにとりあえず出入りしてみると良いんでないでしょうか。

リンク

おまけ