読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kagamihogeの日記

kagamihogeの日記です。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

読みやすいコードとはどういうものか、について書かれた薄めの本。非常に興味深い事に、コードの読みやすさについてに書かれていてなおかつ、日本語で読みやすい本となっている。類書で俺個人の好みで言えばClean Code アジャイルソフトウェア達人の技 - kagamihogeのblogの方を推薦するのだが、いかんせんソレナリに分厚い上に長ったらしい。率直に言って、初心者にオススメできるものではない。

しかしながら、本書は内容を絞りに絞り、そして、文体を口語のやわらかい口当たりにすることで、とても親しみやすい仕上がりになっている。200ページちょいなので昨今のラノベ一冊ぐらいの分量な気がする。テクニック的なことはさておき、読みやすいコードとはどういうもので、それがどのような価値を持つかをさっくりと学ぶには定番の一冊でしょう。といっても、webの反応見る限り既にそうなってるようだけど。

うすいから実用性が低いかというとそうでもなく。本書の目的は、読者に読みやすいコードについて最低限必要な情報を素早く提供することにある。今日に先ずこの本読んで明日の改善にさっそく活かすもよし、Clean Codeへと読み進んでみるもよし。

ただ、これはチョー個人的感想だけど、メリケンかぶれ(なんと失礼な表現だ…)のジョークは失笑不可避である。筆者も承知の上でやってるんだろうけど、なんかまぁ向こうの文化固有のイラスト+ジョークは、セリフんとこだけ日本語にしてもアンマ伝わりにくい気がするんだけど。どーなんでしょうね。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)