読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kagamihogeの日記

kagamihogeの日記です。

ORACLEハイパフォーマンスチューニングSQL編

2002年発行と今となって古い本であり、9iが一番新しいバージョンという想定で書かれているのでさすがに古さが否めない。RBOへの言及が多かったり、FREELISTSとか、hash_area_sizeとか、11gではメモリ管理なり記憶域管理なりだいぶ変わっているのでその辺は適宜読み替えが必要ではある。

ただ、この本を読んで勉強になったのは、Oracleのパフォーマンスチューニングの基本的な姿勢。それは、不要なフルテーブルスキャンを減らす、最終的に返される行を減らす、の二つ。これは今の時代になってもそんなに変わってはいないと思われる。本書では、その二つを実現するために何をすればよいか、という視点で書かれている。重いクエリを特定するためのやり方であるとか、Oracleの特徴であるとか、SQLと実行計画の関係であるとか、などなど。使えるツール(EMとか)であるとかユーティリティだとかはやはり別途調べる必要はあるだろうけど。

ORACLEハイパフォーマンスチューニングSQL編

ORACLEハイパフォーマンスチューニングSQL編