読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kagamihogeの日記

kagamihogeの日記です。

JbossAS7を動かした

いやホントただそれだけのエントリーです。

こんな環境でやりました

  • jdk1.6.0_24
  • eclipse3.7
  • JBoss Application Server 7(7.0.2.Final or 7.1.0.Beta1b)
  • JBoss Tools 3.2

やったこと

まず JBoss Application Server Downloads - JBoss Community から JBoss をダウンロードして、適当なディレクトリに解凍する。同一バージョンにも複数種類あるようですが、今回は単なるお遊びなので、全部盛りと思わしきものを選択しました。具体的には、7.0.2.Finalは、Everything (NOT Java EE6 Certified)、7.1.0.Beta1bは、EE6 Application Serverです。

次に、EclipseからだとWTP経由でアプリケーションサーバ起動したいものです。ただ当然ながら、New Serverを作ろうとしたとき下図のようにJBossが選択肢から出てこない。まぁなんかTomcatの適当なバージョン選んでも動くような気がしないでもないけど、専用のプラグインが提供されてるのでそちらを使う。

というわけで、ココにJBossを加えるためにはまず、上図のDownload additional server adaptersを押す。

そうすると、色々な種類のWTP用のアダプターが出てくるので、JBossAS Toolsを選択してインストールする。コレで、New Serverの選択肢にJBossが選べるようになる。あとはJBossのホームディレクトリを選ぶくらいで、いままでTomcatなりなんなりを使っていたのと手順としてはそう変わらない。

↑の画面は7.1.0.Beta1bを起動したあとのコンソールログ。

かんそう:超スピード

それにしても起動が早いのに驚いた……JBossはEJB2時代の頃しか知らないので「なんかすげー重い」という印象が強かったのだけど↑のログだと2.5秒で起動してるんですよねぇ。これなら、ちょろっとServlet試したいだけなんだけどーという時にもJBoss使えそうですねぇ。