読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kagamihogeの日記

kagamihogeの日記です。

小さく始めて農業で利益を出し続ける7つのルール―家族農業を安定経営に変えたベンチャー百姓に学ぶ

書籍感想

いわゆる、農業経営の成功体験を社長が記した一冊。筆者の澤浦彰治氏が代表取締役をつとめる 野菜くらぶ | 産地直送、生産者のこだわり野菜。新規就農の独立支援。 は平成21 年3 月の概要によれば*1売上 12 億と中々のもの。農業をビジネスとして軌道に乗せるにはどういうことをやってきたのか、が書かれている。

その内容をぶっちゃけ一言でまとめてしまうと、365日24時間農業のことだけやり続ければ成功できる、と書いてある。かなり語弊のあるまとめ方ではあるが、堀江貴文氏も 似たようなこと を書いているので、起業で成功するコツというのは煎じ詰めるとそういうことなのだろうか、という気がしないでもない。これを以ってして「スマートな経営とは言いがたい」と批判することも可能ではあるだろうけど、大きな成功を得るにはやはりそれなりの対価は必要なのだろう、という気もする。

それはそれとして、本書からは筆者の農業に対する強い愛情が感じ取れる。勿論思いだけでは食っていけないわけで、ビジネスとして成立させるための試行錯誤も相当練っているのも読み取れる。なのだけど、その源泉には農業がホント好きでやってるてのがあるんでしょう。農業の細かい技術論やビジネスとしてのあり方などは、俺はそんな詳しいわけじゃないんで、そこまで深く理解できたわけじゃないけど、ああこの人ホント農業がすきなんだなーってのはかなり伝わってきました。。

日本の農業って、なんというかこう、零細で後継者不足に苦しんで……的なネガティブなイメージが強かったのだけど。案外そうでもなくて、こういう力強い人もまだまだ日本にはいるんだなぁ、という点で興味深い一冊でした。



*1:http://www.yasaiclub.co.jp/setumeisho.pdf